netlifyからgithub pagesに乗り換える

はじめに

netlifyはサイトのロード時間が長いと感じたため、github pagesに乗り換えようと思う。

目次

github pagesとは

github pagesとは、githubが運営しているウェブホスティングサービスだ。
netlify同様、githubに上げたリポジトリをもとに、自動的に生成。もちろん送信すると自動的に再生成してくれる。

1.ブランチを作成する

github pagesではリポジトリではなく、ブランチ単位で生成できるため、ブランチを生成する

terminal
git branch public

2.hexo-deployer-gitをインストールする

hexoにデプロイさせるため拡張機能をインストールする

terminal
npm install hexo-deployer-git --save

インストールが完了したら、hexo-deployer-gitをもとに設定を行う。_config.ymlを開き、追加していく。

_config.yml
1
2
3
4
+ deploy:
+ type: git
+ repo: your_repo
+ branch: public

_config.ymlを保存する。

3.deployする

設定が完了したため、deployしていく。

terminal
hexo clean && hexo deploy

デプロイが完了したら自分のリポジトリにアクセスし、Settingをクリック

branchをpublicに指定、rootはそのままにsaveをする。

Custom domainが指定できるので指定したいドメインを追加。

CNAME、Aレコードどちらでも構わないが、私の場合CNAMEにした。

コンテンツはyourgithubid.github.io
DNSのみにしておかないと、いろいろとめんどくさいので注意が必要。

4.pingを打ってみる。

本当にnetlifyからgithub pagesで配信されているのか調べるために、pingを打ってみた。

terminal
ping blog.m0r016.net
PING m0r016.github.io (185.199.109.153) 56(84) bytes of data.

きちんと配信されていることがわかる。

おわりに

netlifyからgithub pagesに乗り換えて、自環境では読み込みが早くなったように感じるが、PageSpeed Insightsを見てみたが、割かしnetlifyのほうが早かった。何故だろうか・・・いろいろと調べてみたい。

コメント