Mastodonのデータベースを飛ばしてしまった経緯をまとめた。

はじめに

まず連合で繋がってる鯖缶の皆様、そしてslum.cloudを利用されていたユーザー様にはDBを飛ばしてしまい、大変申し訳ありませんでした。
何故飛ばしてしまったのかを簡単に説明させていただきますので、もしよかったらご覧になってください。

続きを読む

Mastodonに流れてくる投稿からマルコフ連鎖をさせ、投稿する。

はじめに

マルコフ連鎖というものを使って、Mastodon 上に流れる投稿から要素を見つけ、それを再構築して投稿する。

マルコフ連鎖については、ニコニコ大百科にわかりやすく書いてある。→ニコニコ大百科 - マルコフ連鎖

続きを読む

mastodonが合う人もいるよって話。

何故この記事を書こうと思ったか

DignifiedSilenceさんが5/2に開催した、Matrix上で行われた討論に感化されて、自分の言葉でMastodonは使いやすいよ、いいよー!ってことを広めるため。

この話をするには自分のSNS歴をざっくり語る必要があるので、読んでほしい。

続きを読む

PostgreSQLを再インストールする

はじめに

sudo apt purge postgresq;l*をしたときに、設定ファイルが消されずうまく再インストールができないという問題が生ずる。これを解決する。

1.PostgreSQLをアンインストールする。

terminal
1
2
3
4
5
6
sudo apt purge postgresql*
sudo rm -r /etc/postgresql/
sudo rm -r /etc/postgresql-common/
sudo rm -r /var/lib/postgresql/
sudo userdel -r postgres
sudo groupdel postgres

2.PostgreSQLをインストールする。

terminal
1
sudo apt install postgresql

cronのログを出力する。

はじめに

MastodonにAtomの情報を投稿する。がきちんと動いているか、不安になったため、cronで実行したログを出させることにする。

1.コメントアウトを外す。

/etc/rsyslog.d/50-default.conf
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
//  Default rules for rsyslog.
//
// For more information see rsyslog.conf(5) and /etc/rsysl>

//
// First some standard log files. Log by facility.
//
auth,authpriv.* /var/log/auth.log
*.*;auth,authpriv.none -/var/log/syslog
- //cron.* /var/log/cron.log
+ cron.* /var/log/cron.log
daemon.* -/var/log/daemon.log
kern.* -/var/log/kern.log
//lpr.* -/var/log/lpr.log
mail.* -/var/log/mail.log
//user.* -/var/log/user.log

2.サービスを再起動する。

terminal
1
sudo service rsyslog restart

MastodonにAtomの情報を投稿する。

はじめに

このサイトではAtomを設置している。
Mastodon上にbotを作り、Atomフィードを投稿させるいい手段がないかなと思って探していたら、次のようなリポジトリを発見feediverse。設定していく。

続きを読む

PosgtreSQLを調整し、Pleromaのレスポンスを向上する。

はじめに

(DBConnection.ConnectionError) connection not available and request was dropped from queue after xxxxmsというエラーが出てきてしまったため、PosgtreSQLを調整し、Pleromaのレスポンスを向上する。
ユーザーはpleromaで進めていく。

続きを読む

PleromaをRaspberry piにインストールする

はじめに

これはFediverseの仕様だから仕方ないのだが、バックアップをとらず、PleromaやらMastodonを消去し、消去前と同じドメインを使うと、フォローリクエストが送られていなかったりタイムラインに投稿が乗らなかったり様々なエラーが生じる。
そこで、Raspberry piをインストールしなおし、Pleromaをインストールし使えるようにするまでをまとめた。

続きを読む

timerを使わず、serviceのみで再起動させる。

はじめに

systemdを使ってサービスを指定した時間に再起動するときに、私の場合timerファイルを作って再起動するように仕込んでいたのだが、timerファイルを使わず、RuntimeMaxSec=を使うことにより、自動的に再起動することができるようになるみたいだ。(実際のところ違うみたいだが)

続きを読む