mastodonが合う人もいるよって話。

何故この記事を書こうと思ったか

DignifiedSilenceさんが5/2に開催した、Matrix上で行われた討論に感化されて、自分の言葉でMastodonは使いやすいよ、いいよー!ってことを広めるため。

この話をするには自分のSNS歴をざっくり語る必要があるので、読んでほしい。

Twitterが嫌になった

Twitterで出会って仲良くなった友人がいて、いつも通りTwitterのリプライで話をしていたら、リプライをRTしてきて言及する、通称エアリプをしてきた輩がいた。
肯定的な意見ならいいのだが、否定的な意見だった。
すごくになった。
速攻でTwitterの鍵垢を作った。
その友人とは鍵垢で話すようになった。

誰しも大切な人と話してるのやり取りを全部RTして否定的なこと言われたら本当に嫌じゃん、Twitterやめたくなるじゃん。と思って目を付けたのがMastodon。

Mastodonに来た

以前からMastodonを自前で建ててはいたのだが、本格的に使うようになった。
なんでMastodonのほうがいいかって、一番の要素に公開範囲がある。
Mastodonには公開、非収載、フォロワー限定、ダイレクトってあって、

公開は全体に公開。
非収載はタイムラインには掲載せず、ホームのみに掲載。
フォロワー限定はTwitterの鍵垢同様、相互のみが見れるようになる。
ダイレクトはDM同様、指定した人のみ。指定せず自分だけ見れる投稿みたいなこともできる。

公開範囲を使い分けることによってTwitterの公開垢のように使いながら鍵垢のように使うこともできるのだ。

もちろんTwitterのユーザーにMastodonに来ない?って言ってもあまりMastodonには来てくれないけど、Twitterで何らかの嫌なことがあって、でも投稿はしたいと思ったらMastodonはおすすめだと思う。
私の場合、仲いい友人には鍵垢でやりとり、バズらせたい事があったらTwitterに投稿。「あたまいたーい」とか日常的なことはMastodonに書くようにしている。とても気が楽。

Mastodonは終わったとかよく言われるけれど、そうでもなくってTwitterの喧騒が嫌になったユーザーが行く、避暑地的な場所にMastodonはなっている。

じゃあMastodonってなんなの

Mastodonとはドイツのオイゲンさんにより開発されている、TwitterライクなSNS。

大きな違いはサーバーが一つではなく複数個存在するってこと。

サーバーとは
インターネット上のコンテンツを配信している場所。
例えばゲームなら スマホ <-> サーバー がざっくりあって、必要不可欠なもの。

Mastodonといえば!なJP鯖、ニコニコユーザーが多いベスフレTwitterにBANされるほどセンシティブな絵師が多いPawooなど様々なサーバーがある。

メイドインアビスが好きな人が集まったアビスドン、大阪府箕面市に関するテーマを扱う箕面どんなどなどWikiにまとめられているものでもこれだけある。

一個落ちてもMastodonは落ちない ←ここ重要!明日の丼テストに出ます!

でも各サーバーに分かれたら投稿はそこでしか見れないのと思ったそこのあなた!あります!つながってます!私たちはFediverseでつながっている!!

簡単に説明すると中継役を介してAサーバーとBサーバーの投稿がまとめて表示される連合というものが存在する。ホームはフォローした人で構成され、ローカルタイムラインはそのサーバーのユーザーで構成されるSNS。
つまり外部のサーバーとも自分のサーバーともやり取りできるんだよね、素晴らしい!

人によってはとても魅力的だと思う、Twitterには出てこないようないろんな人がいるし居心地がいい。そこのサーバー行けばわからないよぉ・・・って人には私が運営しているスラム丼においで、手厚く歓迎します。手に塩をかけて。

まとめ

長らく語ってしまったけど、TwitterやInstagram以外にもあまり話題にはならないけど、話題にならないからこそ居心地がいいSNSがあって、その一つのMastodonがあるよ、使ってみたらどう?っておはなしでした。

駄文を読んでくれてありがとう。あなたのSNS人生がより豊かになることを祈って。

冒頭に話したデジファニさん主催の討論はこちら↓

コメント