Raspberry Piをセットアップする - 後編 -

はじめに

前編では、Raspberry Pi 3BにUbuntu 20.04 LTSをインストールした。
ここではRaspberry Piにいろいろ設定を加えていく。

1.ユーザーを作成する。

ubuntuでもいいのだが、せっかくだしHNのm0r016を使う。
sudo adduser m0r016
パスワードを聞かれるので適当にタイプ。名前を聞かれるが未記入で。
Is the information correctはEnter
sudoも与えておく。
sudo gpasswd -a m0r016 sudo
su - m0r016でm0r016にログイン。

2.タイムゾーンの変更。

dateとタイプ。
UTCになっているので日本時間に変更する。
sudo timedatectl set-timezone Asia/Tokyo
dateで確認。JSTになっている。

3.hostnameの変更。

今の状態ではubuntuと割り当てられているが、わかりやすいようにhostnameを変更する。
このマシンはリレーサーバにする予定なので
sudo hostnamectl set-hostname magi-system-relay
とタイプ。

再ログインする。
m0r016@magi-system-relay。反映された。

4.ipアドレスを固定する。

このままでは勝手にipアドレスが変わってしまうので固定する。
ip l
とタイプ、2: eth0:と書かれている。
NICの名前はeth0らしい。これを覚えておく。
設定ファイルを変更する

/etc/netplan/99-ip.yaml
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
network:
ethernets:
eth0:
+ addresses: [192.168.1.32/24]
+ gateway4: 192.168.1.1
+ nameservers:
+ addresses: [192.168.1.1]
+ search: []
+ #dhcp4: true
- dhcp4: true
optional: true
version: 2

addressesは割り当てたいアドレスを。gatewayはゲートウェイ、nameservers内のaddressesはネームサーバーだ。
sudo netplan apply
と打つとipアドレスが即座に変更されて、ssh接続が確立されなくなるので注意。

5.swapの作成。

RAM1GBでは足らないので2GBのswapを作成する。
sudo apt install dphys-swapfile
結構待たされる。

設定を変更する

/etc/dphys-swapfile
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
// /etc/dphys-swapfile - user settings for dphys-swapfile package
// author Neil Franklin, last modification 2010.05.05
// copyright ETH Zuerich Physics Departement
// use under either modified/non-advertising BSD or GPL license

// this file is sourced with . so full normal sh syntax applies

// the default settings are added as commented out CONF_*=* lines


// where we want the swapfile to be, this is the default
//CONF_SWAPFILE=/var/swap

// set size to absolute value, leaving empty (default) then uses computed value
// you most likely don't want this, unless you have an special disk situation
+ CONF_SWAPSIZE=2048
- #CONF_SWAPSIZE=

// set size to computed value, this times RAM size, dynamically adapts,
// guarantees that there is enough swap without wasting disk space on excess
//CONF_SWAPFACTOR=2

// restrict size (computed and absolute!) to maximally this limit
// can be set to empty for no limit, but beware of filled partitions!
// this is/was a (outdated?) 32bit kernel limit (in MBytes), do not overrun it
// but is also sensible on 64bit to prevent filling /var or even / partition
//CONF_MAXSWAP=2048

sudo service dphys-swapfile restart
で反映だ。
htopで確認する。
Swp2Gであれば問題ない。
ざっくり設定するのはこの程度かな。お疲れさまでした。

コメント